So-net無料ブログ作成
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思い1年間専業主夫に。 子どもたちは現在21歳、16歳、12歳になった。仕事と家事子育の両立。「子育ては親育て」で「育児」は育自」とママ友に教わった。「育メン」ではなく「ガチメン」。毎日がドラマと思った時から全てが変わった。そんな父親の「子育て日記」をご覧くださいませ。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

子どもとの会話に悩む [日記]

[晴れ]

今週末はゆっくり出来る予定だが、PTAの広報誌を作成
しないといけないしNPO法人の勉強会の準備もしないといけない。
やっぱりゆっくり出来ない。

先日、講演会で質問があった。
「仕事、仕事ばかりでゆっくり家族と話が出来ない。どうするれば子どもと
上手くコミュニケーションが取れますか?」と質問が。
質問された方は会社の社長。仕方ないですよね、仕事仕事になると思う。
子どもとの距離感も近くはない(笑)何でも母親になるのも仕方がない。

我が家は、妻が亡くなってからはお風呂は4人で入っていた。
お風呂の中でコミュニケーションが取れた。学校のことも少しは話してくれた。
子どもとの距離感も近かった。専業主夫をしたおかげで子どもの表情でわかるようになった。
「今日はうれしいことがあった」「今日は嫌なことがあった」と。母親が感じることを
感じられるようになった。

ある友人は子どもとのコミュニケーションをとり方を教えてくれた。
「子どもに寄り添うこと。寄り添うとは子どものとの共通項をもつこと。
オレは子どもとゲームで繫がる(笑)わからない時はこどもから聴く。
ゲームを通じて色んな話を聞くことが出来る。勿論学校のこともね!」と
教わったことがあった。私と共通していたのは「子ども目線が大事やわ!」と。

家族それぞれに形があり、どれが正解かわからないが子ども目線か・・・

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ
にほんブログ村


シングルパパランキング
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。